2009年度 「さんぶナイトウォーク〜絆をつなぐ、一夜の旅〜」 委員長 佐久間稔

Q1. まず行った事業の年度、事業名、簡単な内容をお聞かせください。
A1. 2009年度社団法人東金青年会議所青少年育成事業「さんぶナイトウォーク〜絆をつなぐ、一夜の旅〜」
内容… 山武郡市内に住む3年生以上の小学生、中学生の親子を対象に、芝山町役場をスタートとし、大網白里海岸までの33.4kmを夜を徹して歩きました。 33.4kmという普段歩くことのない長い距離を歩くことによりチャレンジする心と成し遂げたときの達成感を、また親子で参加することにより親子の対話、 絆を、歩く速度で地域をめぐることでふるさとへの愛情を、そして夜を徹して行うということで好奇心や冒険心を養うことが出来ました。
Q2. どのような想いから「この事業をやろう!」と思ったのですか?
A2. 親と子の絆、また地域に対する愛情といったことを養うのには、ともに何かすることが必要だと考え、そこに楽しさ、チャレンジ精神を加えたらナイトウォークが出来上がりました。
Q3. 一番大変だった事は?
A3. 近年の東金青年会議所の事業としては珍しく定員を超える参加応募があり、やむなくお断りしなくてはならなかったことがつらかったです。出来たら応募された方全員に参加していただきたかったです!
Q4. 「やってよかったなぁ」と一番感じたのはどんな時でしたか?
A4. 足を引きずりながら、親子で肩を貸し合いながら、それでも晴れやかな顔でゴールを迎えた参加者の皆さんを見たときです。
Q5. 今後事業をやる委員長さんにアドバイス・エールをお願いします。
A5. はじめたとき、やっているときにはなかなか感じられませんが、行き着く先にはきっと自分自身の成長と周りの皆さんの感動があると思います。是非全力を尽くして取り組んでもらいたいと思います。